中古ドメインと新規の違いとは?中古ドメイン活用法を紹介!

- 中古ドメインと新規ドメインの違いと概要

新着情報

●2016/01/01
中古ドメインと新規ドメインの違いと概要の情報を更新しました。
●2015/12/11
取得して使用するまでの流れを新規投稿しました。
●2015/12/11
効率良くサイトを運営しようを新規投稿しました。
●2015/12/11
隠された落とし穴の情報を更新しました。
●2015/12/11
ペナルティを受けた中古ドメインを回復させる方法の情報を更新しました。

中古ドメインと新規ドメインの違いと概要

近年急速なインターネットの普及により、一般の方でも簡単にホームページを開設してサイトを運営する人が増えてきました。
サイトを開設するに当あたり用意しなければいけないものはたくさんありますが、大前提としてドメインの入手は必要不可欠なものなのです。
一般的にドメインとはホームページアドレスやメールアドレスなどを指示しますが、ここで呼ばれるドメインとはインターネット上にあるサイトを特定する為の住所をドメインと呼びます。
ドメインには新規で入手する新規ドメインと過去に使用されていたドメインの2種類があります。
では実際にサイト構築をしてドメインを入手する場合には新規のドメインと中古のドメインのどちらが良いのでしょうか。


新規ドメインとは?

新規ドメインは別名独自ドメインと呼ばれる事もあり、簡単に言うとサイトの住所の事を示します。
ホームページアドレスの「.com」や「.ne.jp」などの前を任意で決めた文字列で表記する事で自分のサイトだと断定する事が出来るのです。
普通この文字列をサイト名や会社名にする場合が多く、サイト訪問者にもわかりやすいようにするのが一般的と言われております。
新規ドメインの最大のメリットは低コストで入手する事が出来る点です。
又、サイトを引っ越しする時にはURLを変更する必要が無いのもメリットの一つと言えるでしょう。
上記のメリットとは対称に新規ドメインはサイトをアップしてから、googleの評価を受けずにSEO対策の反映に時間が掛かる事です。
又、一からSEO対策をする必要があったり、親ドメインがペナルティを受けてしまうと配下のページ全てに影響が及ぶ事です。

中古ドメインとは?

上記の新規ドメインとは別にホームページドメインには中古ドメインと呼ばれるアドレスもあります。
中古のドメインは別名オールドドメインと呼ばれる事もあります。
大きな特徴は過去に誰かが使用していたサイトのドメインを再利用した物になります。
このドメインのメリットは過去に運用していた形跡がある為、サイトアップ後すぐにSEO対策が出来る点です。
又、このドメインが過去にgoogleからの評価が高ければ、サイトアップ後すぐに検索が上位になる事もあるのです。
その反面、過去にペナルティを受けてしまったドメインも中にはある為、ドメインを入手する時は注意が必要です。
そのため中古ドメイン 購入するなら事前に調査しておく必要があります。

サイト運営する上で重要な事

以上のようにサイトを運営するにあたりドメインを取得する事は必要不可欠であり、新規の物から中古のドメインまで幅広く存在するのが実情です。
ドメインを購入する時は、どのようなサイトを構築するかで、新規ドメインが良いのが中古のものが良いのか選ぶようにしましょう。