ペナルティを受けた中古ドメインを回復させる方法

- ペナルティを受けた中古ドメインを回復させる方法

ペナルティを受けた中古ドメインを回復させる方法

こらからホームページを作成し、運用を始めようとする場合にはサーバーやドメインなど用意する物が多々あります。
サーバーを運営している会社やドメインには様々な種類があり、ドメインの種類によっては価格帯がばらばらです。
新規サイト立ち上げの際には新規でドメインを入手するか中古ドメインと呼ばれるオールドドメインを入手するかの2択になると思います。
勿論新規にしろ中古にしろメリットやデメリットは様々です。
どんな中最近では中古ドメインを取得して検索上位にする時間を短縮しようとする方が増えてきているのが現状です。

ペナルティを受けたドメインとは?

ドメインの中にはgoogleアップデートに伴い、ペナルティを受ける場合があります。
ペナルティを受けやすい場合と言うのが、googleがアップデートを行う事でアルゴリズムが変化する事で問題が生じる事があります。
ペナルティにも手動と自動の2種類があります。
手動ペナルティは人的チェックにより、ウェブマスターツールにgoogleから警告メッセージを受ける事です。
警告の多くがウェブスパムによるもので、原因がある程度把握する事が出来ますが、システムによる自動ペナルティの場合、警告メッセージが届かない為、警告内容が想像しにくいのです。
このようなペナルティを受けたドメインの場合、検索が圏外になる事もあるので、ドメイン選びの際は注意が必要で。

ペナルティを受けたドメインを回復する方法

ペナルティを受けたからと言って諦める必要はありません。
もしもペナルティを受けた時にはgoogleが提供しているウェブマスターツールで対処する事が出来るのです。
警告を受けたページはウェブマスターツール上で示されている為、手動で訂正して再度googleへ申請する事でペナルティを回避する事が出来るのです。


ペナルティを受けても諦めないようにしよう

以上のように、新規や中古問わずサイト運営する上でgoogleからのペナルティを受ける事があります。
中には購入したドメインが過去にペナルティを受けた経歴がある場合も想定されますが、警告を受けても、上記で説明した通り改善していく事で信頼を取り戻していく事が出来るのです。

  ← 前の記事:   次の記事: